Japanese | English

セキュア公衆無線LANローミング研究会
NGH Special Interest Group (NGHSIG)

Since Jan. 31, 2017
Last update: May 29, 2018

フォーラム

プロジェクト

Cityroam (Secure Wi-Fi Roaming)

概要

プロバイダや電話会社、学校またはゲスト用のアカウントを用いて、 市街地において安全で自動接続可能な公衆無線LANサービスが利用できる、 複数の通信事業者が認証連携したローミング基盤です。

研究会が実証実験として提供しているJP hub(認証連携テストベッド)に 基地局システムを接続することにより、 中小規模のWi-Fiオペレータでも、1X認証やHotspot 2.0/Passpoint を用いたセキュアなフリーWi-Fiを容易に運用できます。 認証連携の仕組みを利用して、 国内外の事業者が提供するアカウントが利用できます。

JP hubに認証サーバを接続することにより、 中小規模のWi-Fiオペレータ・ISPでも、 国内外で安全な公衆無線LAN(フリーWi-Fi) サービスを利用者に提供できます。 3GPPのRADIUSに対応した事業者(MNO, MVNO)ならば、SIM認証による サービス提供も可能です。

事業者のみなさまへ:
研究会では、フリーWi-Fi事業者、IDプロバイダ(IdP)、 または両方の役割でこの実証実験に参加し、 1X認証やHotspot 2.0/Passpointの運用を行う事業者を求めています。 詳しくは幹事の後藤(nghsig*rd.cc.tohoku.ac.jp, *を@に置換)まで お問い合わせください。

接続済みIdP

※ eduroamのサービスを提供する場合、 eduroam JPにSPとしての参加申請が別途必要なことがあります。


幹事: 後藤英昭 (東北大学)
副幹事: 山口 潤 (株式会社グローバルサイト)